ルート66 シャムロック


ルート66 シャムロック テキサス州

アイルランドからの移民の街で、19世紀後半には郡の中で、一番広い街だった。

街の名前は、1890年に、アイルランドからのジョージ・ニッケル が、 祖先の出身地であるアイルランドの「シャムロック」からとって付けた。一時は郡の名前である「Wheeler」とも呼ばれたが、1903 年に元々の名前であるシャムロック に変更。正式に街の名前となった。


1907 年、街は交易の中心地として発展、他地区からの移動も多く、街は成長し続けた。

1926 年、原油の発見と「シャムロック・ガス・カンパニー」による天然ガスの油井の運営により、街はさらなる発展をする。その後、石油産業は少し衰退したが、 ルート66の開通により、以後の10 年間はまたしても復活。

1980 年代までには、街は近代的な就学システム、化学工業、原油とガスの処理工業、病院などを確立した街となった。 全盛期であった1930 年代の面影を残すモーテル、カフェ、ガソリンスタンド等が今でもたくさん残っている素敵な街。


ユー・ドロップ・イン&タワー・サービス・ステーション

シャムロックで ルート66の全盛期から残っているもっとも有名な建物で、1936 年に建てられたアールデコ建築の傑作。ランドマークとなっている。創設者であるのオーナーの J.M.ティンダルは、旅人達がリラックスして休憩出来る、アールデコの建物を作ることを考案し、友人のデザインを基に設計し評判となり、当時の新聞は 「オクラホマ・シティーから アマリロまでの間で、もっともおしゃれで気取った建物だ」と新聞のニュースに掲載された。


1970 年代、インターステイト・ハイウエー が出来た時、ルート66 は寂れ、このアールデコの傑作も厳しい状況になったが、 地域の人々の献身的な努力によって改修され、 創業当時の姿を今に伝えてくれる建物となっている。

1990年代後半に、ビジネスが閉鎖後、19979月に国家歴史登録財登録されたが、建物はその後、シャムロックのファースト•ナショナル•バンクによって購入された。 市は、連邦助成金170万ドルを費やし、元の栄光に建物を復元し、博物館、訪問者センター、ギフトショップとして歴史的な改装工事した。


2006年ユー・ドロップ・インはアニメーション映画でカ―ズのカートンビレッジのラジエーター•スプリングスのボディーショップ、ペイントショップのモデルに使用された。





ルート66 シャムロック #1
b0154579_09211873.jpg

ルート66 シャムロック #2
b0154579_013367.jpg

ルート66 シャムロック #3
b0154579_0132474.jpg

ルート66 シャムロック #4
b0154579_0131551.jpg

ルート66 シャムロック #5
b0154579_013647.jpg

ルート66 シャムロック #6
b0154579_09213014.jpg

ルート66 シャムロック #7
b0154579_0151713.jpg

ルート66 シャムロック #8
b0154579_09251690.jpg

ルート66 シャムロック #9
b0154579_0144111.jpg

ルート66 シャムロック #10
b0154579_09213523.jpg


米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
route66oudan.com

by javaho33 | 2014-05-26 00:18 | ルート66 シャムロック
<< ルート66 ハック・ベリー ア... ルート66・ミュージアム オク... >>