カテゴリ:クレイジーホース SD( 1 )

クレイジーホース ウォーリア・モターサイクル


クレイジー・ホース記念碑 サウスダコタ州 
ブラックヒルズの山々にあるアメリカ・インディアン、スー族のオグララ・ラコタ族の勇士クレイジー・ホースの巨大な彫刻。

1947年、ラコタ族の酋長ヘンリー・スタンディング・ベアが、わしらレッド・マン=インディアンにも偉大な英雄がいることを白人達に知って欲しいと、彫刻家コルチャック・ジオルコウスキーに近くにあるアメリカ合衆国建国の大統領の
巨大な顔の彫刻があるラシュモア山より、大きなクレイジー・ホースの彫刻を造って欲しいと依頼した事に始まる。コルチャックはクレイジー・ホースの彫刻制作に専念していった。

1982年、コルチャックが74歳で亡くなり、コルチャックの家族がその遺志を継いで彫り続けている。コルチャックには5人の息子と5人の娘がいて、現在も遺志を受け継ぎ、クレイジー・ホースの彫刻が完成するまで彫り続けている。
連邦政府から支援すると言う申し出があったが、コルチャック一家はそれを断り、非営利団体に運営を任せた。政府に任せると、将来何らかの理由で計画が中断される可能性があり、コルチャック一家はそれを恐れたのである。クレイジー・ホース記念碑は未完成で、現在も製作中である。1998年にはついに顔の部分が完成した。全て完成するとクレイジー・ホースが馬に乗り、指を指している姿で、高さ170m、長さ195mと世界最大の彫像に成る。

クレイジー・ホースは白人の侵略者からラコタ族が住む土地や、聖地ブラックヒルズを守るために白人と戦い、1876年にはカスター中佐率いるアメリカ軍第7騎兵連隊を全滅させた「リトルビッグホーンの戦い」などで知られる勇敢なラコタ族の勇士である。

クレイジー・ホース像は、長い髪を渦のようになびかせた戦士が、前方を指差しているというポーズをとっていて、戦闘司令官といったイメージに成っている。平原インディアンやスー族の戦士はすべて個々の判断で戦う個人の集団であって、なにかを指差して号令をかける様な、白人が戦争酋長と呼んでいるような役職・地位は存在せず、デザイン自体はジオルコウスキーのインディアンのイメージである。

クレイジー・ホースは白人と接することを極端に嫌い、生涯肖像画も写真も残さなかった。伝統派呪術師のレイムディアーはこの像を「まったくクレイジー・ホースに似ていない」と語っている。



クレイジーホース サウスダコタ州 #1
b0154579_01917.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #2
b0154579_0191480.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #3
b0154579_0193046.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #4
b0154579_0193938.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #5
b0154579_021730.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #6
b0154579_0211824.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #7
b0154579_0213455.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #8
b0154579_0215085.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #9
b0154579_022558.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #10
b0154579_0221734.jpg

クレイジーホース サウスダコタ州 #11  米国ラスベガス写真家ken kanazwa
b0154579_115040.jpg


米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com
by javaho33 | 2015-05-15 00:26 | クレイジーホース SD