カテゴリ:ヘルス・エンジェル( 1 )

ヘルス・エンジェル アメリカ


ヘルズ・エンジェルス

1948317日にカリフォルニア州フォンタナで結成、カリフォルニアの地方支部は活発な活動をしている。Hells Angelsはハワード・ヒューズが監督したイギリス陸軍航空隊を描いた映画『地獄の天使』に由来。世界中の22カ国に189の支部を持ち、2000人~4000人のメンバーが居る。バイクに乗ったアメリカのギャング集団「アウトロー・バイカー」の組織で、1960年代の非合法、反体制活動の象徴である。


売春や麻薬の密売といった非合法活動から多くの資金を得たとされ、アメリカ国内の辺境部、南部、南西部では、ヘルズ・エンジェルスがメタンフェタミンの生産し密売に関わったと言われている。ヘルスエンジェルの活動は不法なものと見なされ、ある国ではクラブ自体を不法とした。ヘルズ・エンジェルスの最初の支部であるオークランド支部は特に悪名高く、悪名はラルフ「サニー」バージャーによるものであった。


サニー・バージャーは自叙伝Hell's Angel: The Life and Times of Sonny Barger andthe Hells Angels Motorcycle Clubを執筆し、国際的なベストセラーと成った。バージャーは刑務所で十年以上服役し、釈放後はオートバイ小説を執筆した。彼ら自身は、組織的に非合法活動を行ったのではなくクラブの個々人がそのような活動に個人的に深く関わっていたと主張し、ヘルズ・エンジェルス・オートバイ・クラは単なるオートバイ・クラブである。彼らは自らを「1%クラブ」と呼び、メディア・センセーショナリズムの犠牲者であるとし、メンバーのほとんどは遵法的な市民であると主張。


オルタモントの悲劇

1969126日、カリフォルニア州オルタモント・スピードウェイで行われたローリング・ストーンズのフリー・コンサートで、ヘルズ・エンジェルスは群衆整理として500ドル相当のビールを報酬として雇われた。ストーンズが「アンダー・マイ・サム」を演奏している時、エンジェルスのメンバー、アラン・パサーロによって黒人青年のメレディス・ハンターが殺害された。パサーロはその後、正当防衛として釈放された。


ヘルズ・エンジェルスはコンサート後、メディアの注目を集めるた。自身の活動を正当化し、事件におけるHAMCの立場を説明するためサニー・バージャーはカリフォルニアの地方ラジオ局に出演した。彼は群衆がヘルズ・エンジェルスのオートバイを破壊した後は単に暴力がスタートするだけだと主張した。


1960年代、エンジェルスは海外で紛争中のアメリカ軍に対して「奉仕」を申し入れた。アメリカ軍はエンジェルスの申し入れを取り上げなかったが、カウンター・カルチャーの理想として彼らを認めていた大衆はこの申し入れを裏切り行為として見なすようになった。バークレーで行われたベトナム・デイ・コミッティー行進のデモ参加者をヘルズ・エンジェルスが攻撃すると、彼らと対立する反戦文化グループとの反目はより具体的な暴力事件として明らかになった。反戦団体「ジョン・ブラウン・ブレザレン」の6人のメンバーはカリフォルニア州サンフランシスコでエンジェルスを攻撃し、4名を殺害した。


1970年の映画『ギミー・シェルター』に記録されている。

20024月のネバダ州のラフリン・リバーランのイベントの最中、カリフォルニア・モーターサイクル・ギャングとヘルズエンジェルス&モンゴルの戦いはハラーズホテル・カジノの中に勃発し多数の死者が出た。




ヘルス・エンジェルス アメリカ #1
b0154579_2056110.jpg

ヘルス・エンジェルス アメリカ #2   ハルキ・イシザキ作
b0154579_23211529.jpg


ヘルス・エンジェルス アメリカ #3
b0154579_06243339.jpg

ヘルス・エンジェルス アメリカ #4
b0154579_06244559.jpg

米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com

by javaho33 | 2014-02-01 20:56 | ヘルス・エンジェル