カテゴリ:インディアン・ビーズ( 3 )

インディアン・ビーズ アメリカ


インディアン・ビーズ織りの歴史

ビーズ織りの歴史は大変古く、紀元前の古代エジプト時代、ビーズの装飾品を持つ事は支配者階級の権力の象徴だった。20世紀初頭にヨーロッパで流行したビーズ織りのバッグは、洗練された美しい色と形を持ち、技術の源は北米インディアンの装飾品です。北米インディアンは、ハマグリの貝殻から白、黒、紫などのビーズを作って富や地位の象徴として装飾品に、又通貨として使っていた。


ロンドンの美術館に所蔵の現存する最も古いビーズ織は120年前の作品です16世紀、ヨーロッパ人が渡米し、贈り物として色ガラスのビーズが流行。バージニアにジェームスタウンが建設すると、ベニス人のガラス細工師が開いたガラス工場で色ガラスのビーズが製造され、インディアンとの交易に使われ、インディアンの間にガラスビーズが広まった。


植民地時代、学者達によってヨーロッパに持ち帰られたビーズ織りの装飾品が職人や工芸家に使われ、ヨーロッパ調のものが作られた。18世紀後半にイギリスにおいて透かし模様や高度なテクニックの美しいビーズ織りのネックレスやブレスレットが作られた。19世紀中ごろのビクトリア時代には、図柄や技術が洗練され、華麗なアクセサリーの大流行し、ヨーロッパ各地に広まった。ビーズ織りの美しさにも各地の特徴がある。最盛期、192030年代、アールデコの時代。ビーズ造りと織りのテクニックは頂点に達し、スチールビーズやメタルビーズで織ったバッグなどが貴婦人達を華麗に彩った。第二次世界大戦、モダニズムの時代へと移り、ビーズ織りもその姿を消した。現在、アメリカをはじめヨーロッパ各地でビーズ織りが楽しまれ、北米インディアンからビクトリア朝の王侯貴族の装飾品まで幅広く多くの人々に愛される伝統工芸品として受け継がれ、人々の心に豊かさと手作りの良さを伝えている。


インディアン・ビーズ

インディアンの工芸、装飾品でもっとも愛され使用されたアイテムはビーズである。ヨーロッパより、探検家や商人などによりもたらされたガラス製のビーズでヨーロッパよりビーズが持たされる以前では、彼らは貝殻や動物の骨などを用いて、自分達の衣装を美しく飾っていた。大型のものはポニービーズ、刺繍の為のビーズは小さくシード種ビーズと呼ばれた。シードビーズの色は様々であるが、インディアンがよく用いたのは、赤、黒、黄色、青、薄青、濃青、緑、薄紫である。


東部森林インディアンは花柄を、平原インディアンは幾何学模様が一般的で、平原クリーク族や平原アパッチは花柄を多用する、ビーズ細工のモチーフは地域に特徴がある。北方平原部族のビーズ細工が広い部分をびっしり覆うのに対し、カイオワ族、シャイアン族、コマンチ族、などの南方の部族は軽い飾り方をした。ビーズを施す方法は、皮や布に刺繍を施す時はオーバーレイステッチ方を、幾何学的な図案を刺繍するにはレイジーステッチ法を用いた。オーバーレイドステッチの場合も、彼らは糸を革の裏まで通すことはせず、革の中を通すくけ縫いをし、ベルトや腕輪などは布や皮にびっしり刺繍をするよりは、ビーズそのものを織りこんで制作をした。




インディアン・ビーズ アメリカ #11 日本TV 和風総本家「東方ビーズ」12-19-13放送
b0154579_2442648.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #2
b0154579_2444436.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #3
b0154579_2445354.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #4
b0154579_245256.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #5
b0154579_2452134.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #6
b0154579_2452971.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #7
b0154579_2453893.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #8
b0154579_2454796.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #9
b0154579_2455667.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #10
b0154579_246534.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #11
b0154579_2462170.jpg

インディアン・ビーズ アメリカ #12   モニュメントバレに住んでいる友人ローズさん
b0154579_246313.jpg
米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-01-31 03:00 | インディアン・ビーズ

インディアン アメリカ





インディアンは元来インド人の意味である。クリストファー・コロンブスがカリブ海に到達した時に、インド周辺の島々であると誤解し、その地の先住民をインディオスと呼んだ事からアメリカ先住民をインディアンと呼ぶようになった。

インドとは同一ではなく漠然と中国、日本以外の東南アジアの事をインドと見なしていた。
ネイティブ・アメリカンはインド人を先祖に持つインド系アメリカ人と区別する為に人類学者が作った造語

人口
2000年の国勢調査で自分がアメリカ・インディアン又アラスカの先住民と申告したアメリカ人は247万人、一部の先住民の血を引くとした者は160万人、ニューヨークのシティー・インディアンが8万7千人が暮らしている。

2000年の国勢調査、アメリカ合衆国全体のネイティブ・アメリカンの人口2786652名の3分の1が3つの州に住んでいる。

カリフォルニア州 413382名

アリゾナ州 294137名

オクラホマ州279559名

インディアンを先祖に持つアメリカ人は80%が混血2100年まで10人の内9人が混血となる見込み。



多くの部族がトウモロコシを主食とし、インゲン豆、カボチャ、ウリなどを栽培した。狩猟、漁労、採取と農工を組み合わせる部族が多く、プエブロを除けば移動性の生活を送っていた。ヨーロッパ人と接触する以前の家畜は七面鳥と犬だった。犬は現在でも部族によっては儀式で食材とされている。


大平原ではメキシコ経由でスペイン人によって馬が持ち込まれるまではティピーなど家財道具の運搬の仕事は犬でした。馬の登場によって平原インディアンは乗馬を生活に取り込、ホース・インディアンと呼ばれた。
バッファローは衣食住の柱であり、儀式に欠かせない霊的な存在だった。19世紀末白人はインディアン制圧の為意図的に絶滅させた。

南西部のプエブロ族やナバホ族は19世紀に初め頃持ち込んだヒツジの放牧を行う様になった。

カリフォルニアの捕鯨民族マカ族はアメリカで唯、捕鯨を条約で保障されている。ロッキー山脈周辺の部族はマツの実を蛋白源として主食にしていた。先住民の食文化の内ペミカン、揚げパンは良く知られている。

インディアンも全部族が毛髪を霊力の源と考え、神聖なものとして大事にしています。インディアンのアイデインティテイとして髪の毛を伸ばし始めた、これはヒッピー文化に影響を与えた。

「モヒカン刈り」スタイルは17世紀北東部アルゴンキン語族の男達が狩りの際に弓を射るのに髪の毛が邪魔にならない様頭の側面を剃った。

インディアンには酒造の文化が無く、飲酒をコントロールする事が出来ない。かつて白人が不平等条約を結ぶ際多量のウイスキーを持ち込んだ。アルコール依存症は問題で完全禁酒を掲げる部族自治区も多い。
インディアンの支持政党は伝統的に民主党。

インディアンには本来名字は無く、男子の名前は客観的な身体的特徴、自然現象に基づいて付けられた。
部族間で言語の違うインディアン社会で、平原インディアン達は指を使って会話する「指話法」を発達させた。

「大精霊は白人達は読み書きする力を与え、インディアン達には手と腕で話す力を与えた」
インディアン社会は殆どは母系社会であり、氏族社会である。

平原インディアンが命の糧であるバッパッローの精霊を信仰するのに対してプエブロ族は命の糧であるトウモロコシを神格化した「トウモロコシの乙女」「トウモロコシの母」を信仰する。

17世紀にスペイン人宣教師達によってキヴァは「悪魔の巣窟」として破壊された。キヴァでの祈祷行事は部族以外非公開。

アパッチ族は「ガン」と呼ばれる山の精霊を信仰。ナバホ族は「イエビチエイ」と言う精霊達行進行事を数日掛け行う。ホピ族とズニー族はカチーナと言う精霊群を信仰する。仮面行事





インディアン#1  JHON
b0154579_1753867.jpg

インディアン#2  JHONとBBQ
b0154579_1755062.jpg

インディアン#2  RICKYと息子
b0154579_17689.jpg



アメリカ大自然・神秘・写真集
http://photolv.exblog.jp/
by javaho33 | 2013-11-16 17:08 | インディアン・ビーズ

インディアン・アメリカ





インディアン

インディアンは元来インド人の意味である。旧イギリス領全域や東南アジアの住民を含む事もある。

クリストファー・コロンブスがカリブ海に到達した時に、インド周辺の島々であると誤解し、その地の先住民をインディオスと呼んだ事からアメリカ先住民をインディアンと呼ぶようになった。

インドとは同一ではなく漠然と中国、日本以外の東南アジアの事をインドと見なしていた。

ネイティブ・アメリカンはインド人を先祖に持つインド系アメリカ人と区別する為に人類学者が作った造語

自分がアメリカ・インディアン又アラスカの先住民と申告したアメリカ人は247万人、一部の先住民の血を引くとした者は160万人、ニューヨークのシティー・インディアンが8万7千人が暮らしている。

アメリカ合衆国全体のネイティブ・アメリカンの人口2786652名の3分の1が3つの州に住んでいる。

カリフォルニア州 413382名
アリゾナ州 294137名
オクラホマ州279559名

ネイティブ・アメリカンを先祖に持つアメリカ人は80%が混血2100年まで10人の内9人が混血となる見込み。

多くの部族がトウモロコシを主食とし、インゲン豆、カボチャ、ウリなどを栽培した。狩猟、漁労、採取と農工を組み合わせる部族が多く、プエブロを除けば移動性の生活を送っていた。

ヨーロッパ人と接触する以前の家畜は七面鳥と犬だった。犬は現在でも部族によっては儀式で食材とされている。

大平原ではメキシコ経由でスペイン人によって馬が持ち込まれるまではティピーなど家財道具の運搬の仕事は犬でした。馬の登場によって平原インディアンは乗馬を生活に取り込、ホース・インディアンと呼ばれた。

バッファローは衣食住の柱であり、儀式に欠かせない霊的な存在だった。

19世紀末白人はインディアン制圧の為意図的に絶滅させた。南西部のプエブロ族やナバホ族は19世紀に初め頃持ち込んだヒツジの放牧を行う様になった。

カリフォルニアの捕鯨民族マカ族はアメリカで唯、捕鯨を条約で保障されている。ロッキー山脈周辺の部族はマツの実を蛋白源として主食にしていた。先住民の食文化の内ペミカン、揚げパンは良く知られている。

インディアンも全部族が毛髪を霊力の源と考え、神聖なものとして大事にしています。インディアンのアイデインティテイとして髪の毛を伸ばし始めた、これはヒッピー文化に影響を与えた。

「モヒカン刈り」スタイルは17世紀北東部アルゴンキン語族の男達が狩りの際に弓を射るのに髪の毛が邪魔にならない様頭の側面を剃った。

インディアンには酒造の文化が無く、飲酒をコントロールする事が出来ない。かつて白人が不平等条約を結ぶ際多量のウイスキーを持ち込んだ。アルコール依存症は問題で完全禁酒を掲げる部族自治区も多い。

インディアンには本来名字は無く、男子の名前は客観的な身体的特徴、自然現象に基づいて付けられた。

部族間で言語の違うインディアン社会で、平原インディアン達は指を使って会話する「指話法」を発達させた。
「大精霊は白人達は読み書きする力を与え、インディアン達には手と腕で話す力を与えた」

インディアン社会は殆どは母系社会であり、氏族社会である。

平原インディアンが命の糧であるバッパッローの精霊を信仰するのに対してプエブロ族は命の糧であるトウモロコシを神格化した「トウモロコシの乙女」「トウモロコシの母」を信仰する。

17世紀にスペイン人宣教師達によってキヴァは「悪魔の巣窟」として破壊された。キヴァでの祈祷行事は部族以外非公開。

アパッチ族は「ガン」と呼ばれる山の精霊を信仰。ナバホ族は「イエビチエイ」と言う精霊達行進行事を数日掛け行う。ホピ族とズニー族はカチーナと言う精霊群を信仰する。仮面行事





インディアン#1
b0154579_11265896.jpg

インディアン#2
b0154579_1127642.jpg

インディアン#3
b0154579_112718100.jpg

インディアン#4
b0154579_11273981.jpg

インディアン#5
b0154579_11274930.jpg

インディアン#6
b0154579_11275878.jpg

インディアン#7
b0154579_1128789.jpg

インディアン#8
b0154579_11281713.jpg

インディアン#9
b0154579_1128253.jpg

インディアン#10
b0154579_11285147.jpg

インディアン#11
b0154579_11292239.jpg

インディアン#12
b0154579_11293776.jpg

インディアン#13
b0154579_1130819.jpg


アメリカ大自然・神秘・写真集
http://photolv.exblog.jp/
by javaho33 | 2012-04-19 11:30 | インディアン・ビーズ