カテゴリ:ルート66 タルサ( 1 )

ルート66 タルサ オクラホマ州


ルート66 タルサ オクラホマ州

タルサはオクラホマ州東部に位置する。約人口93万人は、約総人口38万人。タルサはアメリカで43番目に大きな都市、北アメリカ内で93番目に大きな都市。オクラホマ州内ではオクラホマシティに次ぐ、2番目に大きな都市である。タルサ郡の郡庁所在地である。油田の発見により、石油精製工業、化学工業が発達している。


最初めに、クリーク・インディアンの部族Lochapokaバンドが1828年から1836年にこの地に住み始めた。20世紀、「世界の石油資本の都市」と言われ、アメリカで最も重要な石油産業拠点の一つとして役割を果たした。タルサは、いくつかの他の都市と一緒に、米国ルート66、ウエスタン・ス イング・ミュージックの発祥の地である。


大きく石油産業依存 、経済不況後、エネルギー、金融、航空、通信、テクノロジー分野での経済基盤を築いた。 テクノロジー・カトーサのタルサ港 、マクレラン•カーアーカンソーリバー・ナビゲーションシステムは 、インターナショナル・ウオーターウエーイのアクセス権を持つ米国で最も内陸河川港である。都市内に オーラルロバーツ大学とタルサ大学 がある。


オザーク山脈北東にアーカンソー川があり、オクラホマ州はグリーンカントリーと呼ばれている タルサはオクラホマ州の文化と芸術の中心と考えられ、タルサファミリーは2つの世界的に有名な美術館、フルタイムのプロのオペラとバレエを持っている企業。


国内最大のアールデコ・アーキテクチャの都市である、フォーブスによるアメリカで最も住やすい大都市の一つと呼ばれた。将来性のある都市では8位。ビジネスウイークでタルサは、トップ50のベストな都市にランクされた 。タルサからの人々は「Tulsans」と呼ばれている。


1836年にLochapokaやクリークの部族にインディアンの領土だった現在のシャイアンアベニューと18番街の現代の交差点のところで大きな樫の木の下で家を設立したのが始まり。「タルサ」となったクリーク語で「古い町」を意味する。1898118日には、タルサは市の正式に組み込まれ、最初の市長、エドワード•カルキンが選出された。


タルサは1901年にアーカンソー川の岸辺近くの小さな町だった、1905年タルサの第一次石油産業は 設立されました。大グレンプール油田の面積が増加し、タルサの人口は1901年から1930年の間で14万に膨潤した。


1909年、石油の発見後、タルサの人口は18万人増えていった。 油の多くは、その鉱業権のメンバーが所有していた土地に発見された。 20世紀「世界の石油資本」として知られている、エネルギー産業における都市の成功は、人気の建設ブームを促しアールデコ調時のスタイル。石油業界からの利益を通して継続し、1930年代、世界大恐慌であっても、他の都市より最も経済が良かった。カインのボールルームは、 「ウエスタン・ス イングのカーネギーホール」として知られた。


20世紀初頭、タルサはブラックウォール街言われた。グリーンウッド地区には米国で最も繁栄したアフリカ系アメリカ人のコミュニティがあり、白人は黒人を攻撃し、人種的暴力が多発した。タルサ人種 暴動は16時間531日から192161日に軍が出動し終了した。市の公式報告は白人23名と黒人16名と殺されたと主張したが、推定値は、約300人の黒人が死亡し、800人以上の人が負傷し地元の病院に入院し、1256の住宅と、35ブロックの住宅地が、火災によって破壊され、損害が180万ドルと推定された。


1925年、オクラホマ州のビジネスマン、サイラスエイブリー は「ルート66の父"として知られている」カリフォルニア州とシカゴを結ぶ道路作成する際「タルサにルート66」キャンペーン開始した。ルート66はタルサの発展に重要な役割を果たした 。ボブウィルズと彼のグループ、 テキサスプレイボーイズは 、ダウンタウンのタルサの小さなボールルームでパフォーマンスを開始しました。1935年に、 カインのボールルームは 、グループの拠点と成り、ウエスタン・ス イング・ミュージックの発展の為援助した。 カインのボールルームはその歴史で有名なミュージシャンを魅了し続け現在に至る。


20世紀半ば、タルサ市は、教会、博物館、庭園、インフラ整備をし市を発展させた。水のニーズは、最大の公共事業の一つと考えられ、Spavinawダムはこの時代に建設された。タイム誌は1950年代、「タルサダビング"アメリカで最も美しい都市」と評価した。


石油に大きく依存しテキサス州とオクラホマ州が苦しんだように、1982年にガス価格の自由落下、石油産業の大量流出など都市の経済に影響を与えた。タルサは石油に大きく依存し業界は、原油価格の下落により、最も打撃を受けた都市の一つであった。1992年、州の経済は完全に回復したが、指導者は、石油•エネルギーとは関係のない部門への進出をした。


2003年、「 ビジョン2025 」では、タルサのインフラや観光産業を強化し活性化するために投票者によって承認された。 イニシアチブのキーストーンプロジェクト、 ボックセンターは 、市内のマイナーリーグのホッケーやアリーナフットボールチームのホームだけでなく、主要なコンサートやコンベンションの会場を設計した。 有名な建築家によって設計された多目的アリーナ、 シーザー•ペリは2008830日にオープン。


20世紀初頭の建築ブームはタルサに、アールデコ建築の町を建設した。合理化のスタイルの街のアールデコは、古い地区全体に点在しています。主にダウンタウンとミッドタウン。大規模なアールデコ構造の集合ミッドコンティタワー ボストンアベニューメソジスト教会 2001年、タルサ国際アールデコ調の議会、国際的アールデコ建築を促進するために設計された。1970年代から80年代にアールデコ・ブームはビルシティの現代的な建築様式の大きな基盤を与えた。設計家シーザー•ペリ 、建築家ペトロナスタワーマレーシアが貢献した。






ルート66 タルサ #1
b0154579_13195719.jpg

ルート66 タルサ #2
b0154579_132064.jpg

ルート66 タルサ #3
b0154579_13201451.jpg

ルート66 タルサ #4
b0154579_13202144.jpg

ルート66 タルサ #5
b0154579_13203036.jpg

ルート66 タルサ #6
b0154579_13203760.jpg

ルート66 タルサ #7
b0154579_13204773.jpg
米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com

by javaho33 | 2014-05-22 13:23 | ルート66 タルサ