カテゴリ:リバイス( 1 )

ジーンズ発祥の地 リバイス・サンフランシスコとゴールドラッシュ


リーバイ・ストラウス

1829226 1902926日は、ユダヤ系ドイツ人移民の企業家。リーバイ・ストラウス社の創業者の一人。ストラウスはドイツのバイエルンのフランケン地方ブッテンハイムで、ユダヤ系一家にレープ・シュトラウス として生まれる


1853年にシュトラウスはカリフォルニア州サンフランシスコに移り住み、英語読みの「リーバイ・ストラウス」と成る。当時はゴールドラッシュの最盛期であり、ストラウスは金の採鉱者達が衣服や縫製の需要があると考え、テントや荷馬車の幌を作る為にキャンバス帆布を準備し、採鉱者達に販売した。ストラウスは義理の兄弟デヴィッド・スターンと共にリーバイ・ストラウス社をカリフォルニア・ストリートに開業した。


ゴールドラッシュ

1848~1855年は、カリフォルニア州、コロマのサッターズミルでジェームズ・ウィルソン・マーシャルが金を発見した1848124日に始まった。金発見の報せはたちまち広がり、アメリカの全国や海外から約30万の男、女、子供がカリフォルニアに集まった。


30万人の中で約15万人は海路から、残りの15万人は陸路を伝って到着した。これら初期の採掘者らは1849年にカルフォニアに向かった者が多かったことから「フォーティナイナーズ」と呼ばれた。彼らは船、あるいは幌馬車で大陸を横断したが、旅の途中でしばしばかなりの困難さに直面した。新たに到着した者達の大半がアメリカ人だったが、このゴールドラッシュはラテンアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアおよびアジアなどの何万人もの人々をも惹きつけた。


採掘者達がなべのような単純な技術で小川や川床の砂金を探した。後に洗練された技術が開発され、後に世界中で採用された。最高潮に達した時、技術の進歩は資金が必要と成り、個人の採掘者よりも会社組織の探鉱の比率が増した。数十億ドルにもなる金が発見され、極少数の者には莫大な富をもたらしたが、多くの者は来た時と大してかわらない資産のまま故郷に帰った。ゴールドラッシュの影響はそうとうのものだった。小さな開拓地だったものが新興都市に成長し、道路、教会、学校および他の町が建設された。法体系と政府が創設され。新しい交通体系が発展し、鉄道が敷かれた。インディアン達が攻撃されてその伝統的な土地から追い出され、金の採掘で環境が汚された。




リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #1
b0154579_13255267.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #2
b0154579_13254367.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #3
b0154579_1325352.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #4
b0154579_13252683.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #5
b0154579_13251899.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #6
b0154579_1325893.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #7
b0154579_13243763.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #8
b0154579_13242985.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #9
b0154579_13242118.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #10
b0154579_13241025.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #11
b0154579_13235441.jpg

リバイス・ジーンズ発祥の地 サンフランシスコ #12
b0154579_13234593.jpg
米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com

by javaho33 | 2014-07-08 13:29 | リバイス