カテゴリ:ルート66 カジノホテル( 1 )

ルート66 カジノホテル ニューメキシコ州


ルート66とインディアン・カジノ ニューメキシコ州

インディアン部族が運営するカジノで全米のインディアン部族の主幹産業に成っています。カジノ事業はインディアン部族の主要な経済収入のひとつで、部族が運営する「インディアン・カジノ」は、「現代のバッファロー」と言われている。保留地が狭い不毛の地である部族には、カジノが唯一の収入源であり、ビンゴ場だけの小さなものから、ホテルやレストラン、劇場、温泉、ゴルフコースなどを備えた施設まである。


アメリカにインディアンが運営するカジノは377ヶ所で、ほとんどの州にインディアン・カジノが開設され、連邦政府が認定する562の部族がギャンブル事業を運営している。これらインディアン・カジノの年間総収入は約16500億円に成り、かれらのカジノのほとんどは都市圏から遠距離にも拘らず来客数は年次増大し、保留地全体を潤す効果も甚大である。


インディアン・カジノの収入の多くは「没収された土地の買い戻し」や「道路の舗装・整備」、「部族の医療や教育、居住」、「バッファロー牧場の開設」などの資金といった、それぞれのインディアン部族員の福利厚生に使われているものであり、元々インディアンの衣食住の権利を詐取してきた白人が「道徳」を理由にカジノを禁止するのは理不尽ではないかとの内外の批判も多く、またインディアン・カジノが自治体にもたらす税収は莫大なもので、インディアンだけでなく、非インディアンの雇用をも生み出す一大事業ともなっている。 ルート66 カジノホテルは、ニューメキシコ州のアルバカーキーの近郊にある。


ニューメキシコ州で新たに3つのカジノ建設を予定するナバホ族に対して、ニュースが、ニューメキシコ州ののプエブロ達が大反対し、ニューメキシコの上院議員がNOの決定を下した。ニューメキシコ州にはすでに25のインディアン・カジノが運営されている。ナバホー・ホピ・オブザーバーの新聞より。




ルート66 カジノホテル #1
b0154579_12065570.jpg

ルート66 カジノホテル #2
b0154579_12070316.jpg

ルート66 カジノホテル #3
b0154579_12070668.jpg

ルート66 カジノホテル #4
b0154579_12070944.jpg

ルート66 カジノホテル #5
b0154579_12071351.jpg

ルート66 カジノホテル #6
b0154579_12071860.jpg

ルート66 カジノホテル #7
b0154579_12073861.jpg

米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com


by javaho33 | 2014-11-30 10:02 | ルート66 カジノホテル