カテゴリ:ボディ カリフォルニア( 1 )

ボディ カリフォルニア州


ボディ カリフォルニア州

シエラネバダ山脈のふもとにあるゴーストタウン。レイク・タホの南約120kmに位置し標高は2550mある。

19世紀後半のゴールドラッシュで栄え、全盛期には約1万人の人口の町でしたが。20世紀に入り、金が掘り尽くされ、大火があり町は急速にさびれ、ゴーストタウンと成った。ボディは国定歴史建造物、州立歴史公園に成っている。


1859年、この地でWS・ボディによって金の鉱脈が発見され、地名はこのWS・ボディに由来している。185911月、ボディはモノビルに物資調達に行った後、ブリザードによって死亡した。


1876年、スタンダード社が金の埋蔵量のある鉱脈を発見しボディは鉱山町として発展し始めた。1878年にもボディの近くで豊富な埋蔵量の鉱脈が発見された。1880年頃には、ボディの人口は約1万人近くに達した。ゴールドラッシュに沸いたボディの町は、無法地帯と化しボディには60軒のバーが建ち並び、殺人、暴動、馬車のハイジャックなどは日常茶飯事であった。


ボディで採れた金は、金の集積地のカーソンシティに送られた。ボディからカーソンシティへ金を運ぶ際は、武装した護衛がついていた。カーソンシティに着いた金は列車に積まれ、サンフランシスコの造幣局に送られた。


1893年、スタンダード社はボディから約20km離れたグリーン川に水力発電所を建設し、最大130馬力、6600ボルトの電力を発電する事が出来た。発電所で生み出された電力は工場の機械の動力として使われ、電力施設は、初めて長距離の送電を行なったとされている。


ボディにはチャイナタウンもあり、数百人規模の中国人が住んでいた。中国人たちは野菜や薪の販売、洗濯サービス、切断加工、運搬などで生活の糧を得ていた。ボディには墓地、レンガ製の建物で死体仮置き場があった。夏の暑さで死体が腐乱し、悪臭を放つことを防ぐためであった。



ボディ(カリフォルニア州) #1
b0154579_08250993.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #2
b0154579_08251476.jpg

ボディ(カリフォルニア州 )#3
b0154579_08251857.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #4
b0154579_08252170.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #5
b0154579_08252336.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #6
b0154579_08252653.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #7
b0154579_08252998.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #8
b0154579_08253241.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #9
b0154579_08253575.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #10
b0154579_08253807.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #11
b0154579_08254261.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #12
b0154579_08254594.jpg

ボディ(カリフォルニア州) #14
b0154579_08254811.jpg

米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-01-24 13:46 | ボディ カリフォルニア