カテゴリ:コードトーカーナバホ族( 1 )

コードトーカー ナバホ族


コードトーカー

世界大戦下、敵国に盗聴されないよう無線交信に部族語を使い、偵察報告や作戦指示をする際に登用したインディアンの事。部族語を暗号として使用した。インディアンの言葉が暗号として使われたのは、アメリカ国内で訓練なしにその言葉の使い手を調達でき、国外でその言葉は解読出する事が出来なかった。


第一次世界大戦でチョクトー族、コマンチ族両部族出身者がコードトーカーとして従軍したが、第二次世界大戦に使われたのはナバホ族で、約400名がサイパン島、グアム島、硫黄島、沖縄に従軍。


複雑な文法構成で、発音も特殊な音が使われ、習得・解明が極めて困難であった。ナバホの言語は文献がわずかしか無く、非話者にとっては研究することすら困難だった。ナバホ族コードトーカー達は、英単語を同じ文字で始まる別の英単語に置き換え、それをナバホ語に翻訳する置換暗号を開発。特別な意味を持たせたナバホ語やコードブックを使い交信をより一層暗号化した。例、硫黄島の戦いでは「摺鉢山の占領」は、「大きな口の七面鳥、羊の目は治療された」というナバホ語に翻訳された


ヒトラーは第一次世界大戦でコードトーカーに注目し、第二次世界大戦前に暗号解読の為、30名あまりの人類学者をアメリカ国内に派遣したが、言語が複雑な為失敗。アメリカ軍はヒトラーがその言語の解明に動いたことを知り、ヨーロッパ戦線ではコードトーカーの使用を中止、太平洋戦でのみ使用した。1968年の機密解除まで、コードトーカー達の活躍は世間に知られることはなかった。1982年にロナルド・レーガン大統領によって表彰され、814日をコードトーカーの日に定められた。2000年にはナバホ族コードトーカーに議会名誉黄金勲章が授与。



コードトーカー #1 モニュメントバレービジターセンター
b0154579_2346425.jpg

コードトーカー #2
b0154579_23465054.jpg

コードトーカー #3
b0154579_23465720.jpg

コードトーカー #4
b0154579_2347493.jpg

コードトーカー #5
b0154579_23471141.jpg

コードトーカー #6  映画 ウインド・ト―カ―ズ 主演 ニコラス・ケージ
b0154579_032126.jpg

米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
route66oudan.com

by javaho33 | 2014-06-15 23:45 | コードトーカーナバホ族