カテゴリ:ルート66 マクリーン( 1 )

ルート66 マクリーン



ルート66 マクリーン テキサス州

人口は830人の田舎町 1901年、イングリッシュ牧場のオーナー、アルフレッド・ロウ、タイタニックの沈没事故の後、イングリッシュ牧場のオーナーは 、町の発展の為、牛を鉄道で運ぶ駅のローディング・ストップの土地を寄付した。チョクトー、オクラホマ州とテキサス州の鉄道会社が水の井戸を建設。1836年から1925年判事ウィリアムP.マクリーンにちなんで命名された。テキサス州議会と鉄道委員会 が出来町は、急速に成長した。


1904年、マクリーンは、3つ店舗、銀行、2つの馬車置き場、貯木場、新聞、 マクリーンのニュースがあった。 風車はメインストリートの真ん中で水を汲み上げて、市民は樽やバケツで水を供給した。

1909年町は市長C.Sライスが就任し、農業が発展した。

1927年、マザーロード ルート66 、街を構築し、観光客のための宿場町だけでなく、油、畜産、農業加工と出荷の為町は繁栄した。

1940年、人口1500人の増加し、6つ教会、59の企業、新聞社が出来た。

1942年から1945年に、町の北東にドイツ人の捕虜収容所は建設され、3000の建物が建設された。

テキサス州パンハンドルの都市、アマリロとパンパは 、マクリーンを超え、町のサイズは徐々に減少し始めた。 1984年に州間高速道路40が建設され、 ルート66に置き換えられ、人口は減少し町は衰退していった。


デビルス・ロープ ミュージアム

アメリカでは、第二次世界大戦の終わりに、425000人以上の511か所のエリア・キャンプ、175か所のブランチ・キャンプ・サービスがあった。殆どが経費節減の為、南部に集中したが、ネバダ州、ノースダコタ州、バーモント州にも拡大しすべての州に、捕虜収容所があった。キャンプの中には、「分離キャンプ」に指定し、ナチズムと分離する為アメリカ人は捕獲者との友好にあり、囚人を殺さなかった。




ルート66 マクリーン #1
b0154579_04313552.jpg

ルート66 マクリーン #2
b0154579_04313927.jpg

ルート66 マクリーン #3
b0154579_04324018.jpg

ルート66 マクリーン #4
b0154579_04324487.jpg

ルート66 マクリーン #5
b0154579_04324712.jpg

ルート66 マクリーン #6
b0154579_04325031.jpg

ルート66 マクリーン #7
b0154579_04325479.jpg

ルート66 マクリーン #8
b0154579_04325791.jpg

ルート66 マクリーン #9
b0154579_04330138.jpg

ルート66 マクリーン #10
b0154579_04330411.jpg

ルート66 マクリーン #11
b0154579_04330745.jpg

ルート66 マクリーン #12
b0154579_04331184.jpg

ルート66 マクリーン #14
b0154579_04330745.jpg

ルート66 マクリーン #15
b0154579_04331453.jpg

ルート66 マクリーン #16
b0154579_04331748.jpg


米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-06-10 08:28 | ルート66 マクリーン