カテゴリ:ルート66ポンティアック( 1 )

ルート66 ポンティアック 


ルート66 ポンティアック イリノイ州

ポンティアックは、人口は約12000で大部分の土地は、農業地である。ポンティアックは、バーミリオン川 1982124日に、ポンティアックは歴史上で最悪の洪水があった。 最近の洪水は、町の歴史の中で第二の最悪の洪水が200819日に発生した。


1842年半ば、兄弟ルシウス・ヤング、兄弟ルシウス・ヤング、セス・M・ヤング、ポンティアックはヘンリー・ウィードによって1837727日にこの地にたどり着いた。町の始まりは少人数のグループがバーミリオン川のほとりにあるアンドリューマクミランの小屋に集まり、 彼らの計画は、リビングストン群の設立の計画をした。ジェシー・W・フェル多くの点でポンティアックにとって最初に名前を提供していた重要な人物である。郵便局を設立に尽力を尽くし、町の名前もインディアンのリーダーに敬意を表して「ポンティアック」に決めた。


老酋長、ポンティアック

アメリカ先住民、ポンティアック1720?1769は7年戦争175463でフランス側に付いて、イギリスとアメリカ植民地軍を敵に回して戦った有名なポンティアックはカナダとアメリカ合衆国に原住するオタワ族インディアンの酋長。

ポンティアクの戦争でイギリス人入植者に対する反乱に関わった事で知られる。フレンチ・インディアン戦争にも関与したと言われている。オブワンディヤグは1720年に、現在のデトロイト川周辺にあった村で、オタワ族の父とチペワ族の母との間で生まれた。英名「ポンティアック」は、19世紀にイギリス人が彼の事をボンディアックと呼んでいたものが、ポンティアックと変化したものである。オブワンディヤグらオタワ族は、17世紀から18世紀にかけ、フランス人商人と交易。


1763年、ポンティアック戦争において、大部隊を率いて2年にわたって敵を悩ませた人物である。スーペリアー湖からペンシルヴァニア地方にわたる広域を制圧、一時は勢力をメキシコ湾にまで拡げた。デトロイトと、マキノウの奪回では数ヶ月の抵抗の後、イリノイ属の反目で命を絶たれた、1765817日の事であった。


アメリカには元々、約500の先住民部族が存在したが、19世紀の初等から始まった白人移住民の西漸によって次第に追い詰められ、今では限られた地域に押し込められ、惨めな生活を強いられている。


移住人の持ち込んだ天然痘で、免疫を持たなかった彼らはたちまち、その数を減らしていった。白人は、インディアンをアルコール漬けにしたり、「文字」を持たなかった住民を窮地に追い詰め、領地を奪い、最後には、彼らの主食、バファッローの大量殺戮でもって物理的に生活の道を絶たれたのであった。


アメリカ移民達は多くの恩恵を先住民から授かっている。それに反して彼らが受けたものは馬を除けば、物騒な武器、ナイフ、火薬類で平和を破壊する無用な物資であった。先住民から授かった主な生活必需品は、、タバコ、ポテト、トウモロコシ、トマト等、現在の人間生活に欠かすことの出来ない食べ物や習慣である。



ルート66 ポンティアック #1
b0154579_23505464.jpg

ルート 66 ポンティアック #2
b0154579_2351267.jpg

ルート66 ポンティアック #3
b0154579_2351109.jpg

ルート66 ポンティアック #4
b0154579_23511882.jpg

ルート66 ポンティアック #5                   酋長ポンティアック
b0154579_23512885.jpg

ルート66 ポンティアック #6
b0154579_23513756.jpg

ルート66 ポンティアック #7            ボブが書いたルート66の地図
b0154579_23514680.jpg

ルート66 ポンティアック #8          ルート66アーティストBob Woldmireのワーゲンバス
b0154579_23515411.jpg

ルート66・ポンティアック イリノイ州 #9
b0154579_2352225.jpg

ルート66 ポンティアック #10             市長
b0154579_011321.jpg

ルート66 ポンティアック #11
b0154579_23523861.jpg

ルート66 ポンティアック #12
b0154579_03422.jpg

ルート66 ポンティアック #14
b0154579_14030831.jpg

米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-05-15 23:56 | ルート66ポンティアック