<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ルート66・クールスプリングス アリゾナ州

ルート66クールスプリングス アリゾナ州

クールスプリングスは、キャンプ場とサービスステーションは、アリゾナ州のルート66を旅する。ドライバーの為の重要なサービスステーションであった。ルート66クールスプリングス1920年代半ばに建設された。


クールスプリングスはアリゾナ州のブラックマウンテン、ノースウェスタンのコロラド川沿いにある。 広大な土地は、太陽が強い場所で砂漠の美しい土地です。 ルート66は、キングマンからアリゾナ州の西行に向かい、サクラメント・バレーを横切る。 ルート66は、ディップやうねりを持つ悪路のエリアであり、雨期は短いが鉄砲水の多発する場所である。


ルート66はブラックマウンテンの麓にあり、1857年から軍用道路として使われた。1926年にルート66に成ったオリジナルのハイウェイである。ルート66に沿って、曲がりくねった道は、急勾配の狭い道でヘアピンカーブは威圧的だ。

1930年代に、ジェームス·ウォーカーはクールスプリングスに住む為インディアナ州ハンティントンから彼の家族を連れて来た。ウォーカー氏は、8つのキャビンを建て、駅を改良しビジネスをオープンした。ミセスウォーカーは、食事を調理しサンドイッチを作り又子ども達も手伝ってくれたが、暫くして、ミスターウォーカー夫人はクールスプリングスを離れ中西部に戻ってしまった。


クールスプリングスは、第二次世界大戦時代でも繁栄し続けた。ミセスウォーカーはフロイド・スピデルと結婚したが、彼はクールスプリングスに留まった。チキン・ディナー・ウエストはルート66の旅行者に喜ばれた。 戦後、自動車とアメリカの好景気に成り、クールスプリングスは、黄金時代に入った。ルート66が出来たおかげで多くのアメリカ人が高速道路を利用しカリフォルニア州へバカンスに出た。太平洋、ハリウッドやグランドキャニオンで休暇を取るように成った。


ルート66アメリカ大陸横断

19261111日創設され、アメリカ初大陸横断道路で全長は3755kmある。イリノイ州シカゴとカリフォルニア州サンタモニカの8州を結び、南西部、発展の重要な国道であったが1985年に州間高速道路の発達し廃線と成った。アメリカ合衆国南西部の経済・産業の発展に大きく貢献し、人々はこの国道によって栄え、州間高速道路網の建設が進んでもこの国道を守るために立ちあがった人達が沢山いた。20世紀中盤の映画や音楽など中にも多く登場し、多くの人々に愛された道なのです。


ルート668州を走っている。

イリノイ州、ミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、カリフォルニア州


1940年、カリフォルニア州の作家ジョン・スタインベックは「怒りの葡萄」を発表し、オクラホマシティとルート66に集約させた。この作品の中では、ルート66は「マザー・ロード」と書かれた。この「マザー・ロード」は、今でもルート66の別名として使われている。怒りの葡萄がピューリッツアー賞を受賞し、ルート66の知名度は高まった。


1946年、ジャズピアニスト・作曲家のボビー・トゥループは、「ルート66」の楽曲を書き上げた。楽曲のタイトルはトゥループの最初の妻、シンシアが思いついた。ナット・キング・コールの歌唱で楽曲は大ヒットした。この楽曲はジャズ・スタンダードの名曲としてローリング・ストーンズなど数々のアーティストにカバーされる。


1960年から1964年にかけてCBS系列で放送された「ルート66」でシボレー・コルベットに乗った2人の若者、トッドとバズは冒険を求めてアメリカ中のルート66を走って行く。このドラマの影響でコルベットはルート66に取って欠かせない車と成った。


ゼネラルモーターズには、コルベットと並んでルート66に関係の深い車、キャディラックがある。テキサス州アマリロの近くにはビンテージのキャディラック10台を並べ、先頭を地中に沈めて立たせたキャディラック・ランチがある。

ルート66は、20世紀中盤の映画や音楽などポップ・カルチャーの中にも登場し映画「イージーライダー」「カーズ」「ホーレスト・ガンプ」、小説「怒りの葡萄」の舞台でもあります。




ルート66 クールスプリングス #1
b0154579_00461142.jpg

ルート66 クールスプリングス #2
b0154579_00461757.jpg

ルート66 クールスプリングス #3
b0154579_00462193.jpg

ルート66 クールスプリングス #4
b0154579_00462464.jpg

ルート66 クールスプリングス #5
b0154579_00463199.jpg

ルート66 クールスプリングス #6
b0154579_00463716.jpg

ルート66 クールスプリングス #7
b0154579_00464367.jpg


ルート66 クールスプリングス #8
b0154579_00464891.jpg

ルート66 クールスプリングス #9
b0154579_00465281.jpg

ルート66 クールスプリングス #10
b0154579_00465900.jpg

ルート66 クールスプリングス #11
b0154579_00470686.jpg

ルート66 クールスプリングス #12
b0154579_00472200.jpg


ルート66 クールスプリングス #14
b0154579_00472702.jpg

ルート66 クールスプリングス #15
b0154579_00473182.jpg

ルート66 クールスプリングス #16
b0154579_00473495.jpg

ルート66 クールスプリングス #17


米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-02-28 00:40 | クールスプリングス

ミッドウェイ サンディエゴ


サンディエゴ カリフォルニア州

アメリカ西海岸有数の世界都市でロサンゼルスに次いで人口が多い。人口122万人。サンディエゴ海軍基地は、カリフォルニア州サンディエゴにあるアメリカ海軍の基地で、太平洋艦隊の主要な母港である。基地には13の桟橋があり、面積は全体で約5.27km2軍人2万人、民間人6000人が働いている映画「トップガン」のロケ地のミラマーの海軍基地は、現在海兵隊の基地となっている。実際のトップガンは、その後ネバダ州のファロン海軍航空基地へ移動している


1542ポルトガル人のファン・ロドリゲス・カブリヨが、スペイン船でロマ岬に到着。ヨーロッパ人として初めてサンディエゴに足を踏み入れた。カブリヨはこの地をサンミゲルと名付ける。

1602、植民地開拓にきたスペイン人のセバスティアン・ビスカイノは1112日のサン・ディエゴ・デ・アルカラの祭りの日に「サンミゲル」から「サンディエゴ」に町の名前を変えた

1769フランシスコ会修道士、フニペロ・セラ神父が、スペインの支配地のメキシコからサンディエゴに入り、オールドタウンに、カリフォルニアで初めての伝道所を建設した。伝道所を中心に、ヨーロッパからの入植者達の集落が出来た。オールドタウンがサンディエゴ発祥の地

1850年,米墨戦争によってアメリカが勝利し、メキシコからアメリカに割譲された。218日に、カリフォルニア州の最初の27郡の一つに成った。


国境をはさんだメキシコ側のティフアナへは、労働力の安さとアメリカへの輸送性の良さなどを求め、アメリカはもとより日本、韓国、台湾などの企業が工場を設立、駐在員とその家族がサンディエゴ側に生活している。基地の街として軍関係の企業が発展し、クアルコムなど情報通信関連の企業や、バイオ、製薬、医療機器の企業が集まっている。世界的に有名なスクリップス研究所、スクリップス海洋研究所、ソーク研究所があり、また、カリフォルニア大学サンディエゴ校やサンディエゴ州立大学など研究機関で外国人が研究・留学している


ミッドウェイ

2次世界大戦、19459月に建造し世界最大の航空母艦 初めて飛行甲板を装甲甲板とした。全長約296m、幅約41.5m、基準排水量約45000t、速力約33ノット、搭載機約80機、50年余りの間に朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争に参加した。航空母艦ミッドウェイのフライトデッキは300mあるが、飛行機を飛ばすレールはわずか100mしか無い。1992年に任務を航空母艦インディペンデンスに譲り、現役を引退した。ミッドウェイは、第二次世界大戦のアメリカのシンボル的存在です。イラク戦争の時ミッドウェイは砂漠の嵐作戦の第一報はここで受けた


食堂や病院、留置所、郵便局があり、位の高い人はプライベートルーム、専用シャワー室、リビングやキッチンの設備がある。航海に出る際は、自前で修理、出来る様に艦内に工場がある。ノアの箱舟のようにいろんな専門職が乗り込んでいる訳です。


航空母艦ミッドウェイは戦後長い間、日本の横須賀に配備され第7艦隊のシンボルで日本にいる時には日本の一般市民に公開していた。実際に湾岸戦争やベトナム戦争に使われた。サンディエゴ海軍基地、ミラマー海兵隊航空基地。海兵隊キャンプ・ペンドルトンがある。


軍産複合体  アイゼンハワー 最後の演説(要約)

軍産複合体の言葉を初めて世界に広めたのは、第二次世界大戦中に西ヨーロッパ連合軍の最高司令官で、ナチスドイツを降参させた勲功で大統領に成った「アイク」事、ドワイト・アイゼンハワーである。第二次世界大戦までは、アメリカに軍需産業は存在していませんでした。農具の製造業者が必要に駆られて武器を作っていたに過ぎなかったが、アメリカは途方もない規模の軍需産業を創りだしてしまった。


国防関係機関に勤務している人員は今や男女合わせて350万人に達している。我が国が軍事による安全保障に毎年費やす金額は、アメリカの全企業の所得総額をはるか超えている。我々が汗水たらして働き生計を立てる暮らしが、全て絡め取られてしまっている。我が国の社会の成り立ちが姿を変えてしまった。「軍産複合体」は、影響力を政府に及ぼしている。こうした影響力によって政府が乗っ取られない様、我々は政府の各種審議会の場で乗っ取り阻止に努めねばなりません。向かうべき目標を間違えた権力が現に存在しているしこれからも存在し続けるでしょう。複合体によって我々の自由や民主主義が、危うくなる事を許してはならない。そういう状況に慣れ、軽視する事があってはならない。


市民社会が見識を持ち警戒を続ける事で、産業界と軍が結合し大きな防衛組織を暴走させる事なく、平和目的に導いていく事が初めて可能に成る。安全保障と自由が発展を遂げていける様にしなくてはならない。




サンディエゴ・ミッドウェイ #1
b0154579_02422946.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #2
b0154579_02423253.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #3
b0154579_02423522.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #4
b0154579_02423899.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #5
b0154579_02424108.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #6
b0154579_02425098.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #7
b0154579_02425327.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #8
b0154579_02425757.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #9
b0154579_02425960.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #10
b0154579_02430273.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #11
b0154579_02430572.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #12
b0154579_02430868.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #14
b0154579_02431111.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #15
b0154579_02431455.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #16
b0154579_02431754.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #17
b0154579_02432012.jpg

サンディエゴ・ミッドウェイ #18
b0154579_02432401.jpg


米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-02-26 04:15 | サンディエゴ

ネリス エアーショー


ネリス空軍基地 ラスベガス ネバダ州

アメリカの砂漠の町ラスベガス、ネバダ州近郊にある米空軍基地で人口は約約8900人。ネリス空軍基地は、アメリカ空軍の曲芸飛行隊のサンダーバーズが本拠地。基地の面積は約46km2あり60%は未整備の状態。基地名の由来は、バルジの戦いで戦死した、P-47パイロット、ウィリアム・ハレル・ネリスから付けられた。


第二次世界大戦期

ネリス空軍基地は、194010月に建設計画が始まり、計画の主導はアメリカ陸軍の航空部隊所属であるデビッド・M.シュラッターが握っていた。アメリカ陸軍の軍用機の射爆撃演習場の建設を考え、アメリカ南西部を中心に基地を造れる場所をを探している時、ラスベガス周辺の良好な気候に注目しラスベガスの北東部に建設する事が決定した。町が寂れ周辺地域も空軍基地の建設為の都市の開発を望んでいた。


第二次世界大戦終戦後

飛行場は終戦直後の19459月に運営が中止されたが、19483月、新たに組織化されたアメリカ空軍によって再び運営が開始した。1950430日には、基地名は現在の「ネリス空軍基地」に変更。朝鮮戦争に合わせ、P-51F-80F-86の訓練基地、新型機の試験、評価も行う事に成った。


195661日には、アメリカ空軍の曲芸飛行隊、サンダーバーズがネリス空軍基地に移転する。移転に伴い、サンダーバーズ運用機もF-100 スーパーセイバーに変更された。


1960年にはさらにF-105 サンダーチーフへ機種転換されたが、配備後すぐに1日で2機が墜落するという大事故が発生した為、再びF-100へ機種が戻されている。

1966年には、アメリカ軍における空戦研究の統一を機に、「戦術戦闘機兵器センター」が開設した。

1969年にサンダーバーズは、長年に渡って運用してきたF-100を退役させ、F-4Eへ機種転換したが、F-4Eも、1974年にT-38に機種転換している。

1980年頃には模擬空戦大会、レッドフラッグを基地で開始した。レッドフラッグはネリス空軍基地で現在も行われている。

1990年代に入るとネリス空軍基地は、新型の戦闘機、YF-22の試験プログラムを行う基地に選べれ、各種試験が行われた。

20061114日、アメリカ空軍は1970年代から1980年代まで、ロシアのミグ製戦闘機を研究目的で使用していると機密扱いから外し公表した。MiG-17MiG-21MiG-23などの戦闘機を仮想敵役として運用していた。MiG-29もネリス空軍基地で運用していた可能性もある。


2007423日にネリス空軍基地は、約570m²に7万個のソーラーパネルを設置する、新たな発電システムの計画を開始した。ソーラーパネルは基地西側に設置され、2008年頃まで完成する予定。18MWの発電量が、基地の約25%の消費電力を補う。


F-35 ライトニング II

アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発している単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。統合打撃戦闘機計画に基づいて開発された、第5世代ジェット戦闘機に分類されるステルス機である。アメリカ空軍・海軍・海兵隊、イギリス空軍・海軍、航空自衛隊が採用を決定し、数千機が製造される予定で、開発の遅延で大幅なコスト高の課題があり、2011年時点で開発費総額は$3850億,日本円で約31兆円掛っている。





ネリス・エアーショー #1
b0154579_17212282.jpg

ネルス・エアーショー #2            サンダ―バ―ズ
b0154579_17212646.jpg

ネルス・エアーショー #3
b0154579_17212805.jpg

ネルス・エアーショー #4
b0154579_17213137.jpg

ネリス・エアーショー #5
b0154579_17213346.jpg

ネリス・エアーショー #6
b0154579_17213609.jpg

ネリス・エアーショー #7
b0154579_17213813.jpg

ネリス・エアーショー #8
b0154579_17214158.jpg

ネリス・エアーショー #9
b0154579_17214403.jpg

ネリス・エアーショー #10
b0154579_17214609.jpg

ネリス・エアーショー #11           ラプタ―
b0154579_17214951.jpg

ネリス・エアーショー #12
b0154579_17215190.jpg

ネリス・エアーショー #14
b0154579_17215451.jpg

ネリス・エアーショー #15
b0154579_17215697.jpg

ネリス・エアーショー #16            F-35
b0154579_17215912.jpg

ネリス・エアーショー #17
b0154579_17220172.jpg

米国ラスベガス写真家ken kanazawa
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-02-09 02:39 | ネリス・エアーショー

ルート66 ツインアロー アリゾナ州


ツイン・アローズ  キャニオン・パドレ・ トレーディング・ポスト アリゾナ州

2本の矢が突き刺さる廃墟 ツイン・アローズは、ジャック・ラビットの隣町であり、アリゾナ州のルート66のシンボルと言えば、ツイン・アローズです。キャニオン・パドレ・ トレーディング・ポストは、ガソリンスタンド、カフェがある店でしたが、いまでは廃墟となった建物と大地に刺さる2本の矢があるのみです。からがら蛇に注意ですよ。


キャニオン・パドレ・ トレーディング・ポストは1940年代後半に開業し、1950年代かけて繁盛しました。このツイン・アローが立てられたのは1950年代、材料は電話用の電柱だそうです。ルート66沿いの撮影スポットとして当時から人気でした。インターステートI-40が出来てからも営業を続けましたが、1990年代前半に閉店を迎えます。1995年に再開しますが、1998年に再び閉店しました。


ツイン・アローも放置されていましたが、2009年に復刻され、今に至ります。矢はきれいになったものの店の跡には繁栄の面影はまったくなく、インターステートの車の音の中、2本の矢がたたずんでいます。最近カジノホテルが出来ました。


ルート66アメリカ大陸横断

19261111日創設され、アメリカ初大陸横断道路で全長は3755kmある。イリノイ州シカゴとカリフォルニア州サンタモニカの8州を結び、南西部、発展の重要な国道であったが1985年に州間高速道路の発達し廃線と成った。

アメリカ合衆国南西部の経済・産業の発展に大きく貢献し、人々はこの国道によって栄え、州間高速道路網の建設が進んでもこの国道を守るために立ちあがった人達が沢山いた。20世紀中盤の映画や音楽など中にも多く登場し、多くの人々に愛された道なのです。


ルート668州を走っている。

イリノイ州、ミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、カリフォルニア州


1940年、カリフォルニア州の作家ジョン・スタインベックは「怒りの葡萄」を発表し、オクラホマシティとルート66に集約させた。この作品の中では、ルート66は「マザー・ロード」と書かれた。この「マザー・ロード」は、今でもルート66の別名として使われている。怒りの葡萄がピューリッツアー賞を受賞し、ルート66の知名度は高まった。


1946年、ジャズピアニスト・作曲家のボビー・トゥループは、「ルート66」の楽曲を書き上げた。楽曲のタイトルはトゥループの最初の妻、シンシアが思いついた。ナット・キング・コールの歌唱で楽曲は大ヒットした。この楽曲はジャズ・スタンダードの名曲としてローリング・ストーンズなど数々のアーティストにカバーされる。


1960年から1964年にかけてCBS系列で放送された「ルート66」でシボレー・コルベットに乗った2人の若者、トッドとバズは冒険を求めてアメリカ中のルート66を走って行く。このドラマの影響でコルベットはルート66に取って欠かせない車と成った。


ゼネラルモーターズには、コルベットと並んでルート66に関係の深い車、キャディラックがある。テキサス州アマリロの近くにはビンテージのキャディラック10台を並べ、先頭を地中に沈めて立たせたキャディラック・ランチがある。


ルート66は、20世紀中盤の映画や音楽などポップ・カルチャーの中にも登場し映画「イージーライダー」「カーズ」「ホーレスト・ガンプ」、小説「怒りの葡萄」の舞台でもあります。



ルート66 ツインアロー #1
b0154579_14313870.jpg
 

ルート66 ツインアロー #2
b0154579_14314371.jpg

ルート66 ツインアロー #3
b0154579_14314752.jpg

ルート66 ツインアロー #4
b0154579_14315237.jpg

ルート66 ツインアロー #5
b0154579_14315892.jpg

ルート66 ツインアロー #7

b0154579_14320712.jpg


ルート66 ツインアロー #8
b0154579_14321535.jpg


米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
route66oudan.com

by javaho33 | 2015-02-01 01:14 | ルート66 ツインアロー